会長挨拶

会 長  小林 和義

クラブ会長の方針及び目標(2022―2023)

国際ロータリー第2840地区
前橋西ロータリークラブ
2021-2022年度会長 小林 和義

2022―2023年度RI会長ジェニファー・ジョーンズ氏のテーマは、‟ Imagine Rotary  ”(イマジン ロータリー)であります。

2022年2月の国際協議会(Virtual online)で、人はみんな夢を持っています。しかし、行動するかしないかは、選択です。想像してみてください、ポリオがなくなった世界を。想像してみてください、

すべての子供たちが読むことを学べる世界を。疾病のない世界を。

みんなが安全な水を使える世界を。世界に平和が築かれたときのことを。そして、大きな夢を見た時、それは同時に私たちには責務となります。優しさ、愛、希望を持ち、ベストを尽くせる世界を想像してみてください。朝起きて、昨日ではなく明日を想像するのです。と

話されました。そして、次のような声明を発表されています。

それは、DEI(Diversity・Equity・Inclusion)多様性・公平さ・包摂的

がロータリー活動には重要であるというものです。

それを受けて、2840地区2022―2023ガバナー中野正美氏の地区スローガンは、「みんなのロータリー、みんなでロータリー、

さあ!奉仕に出かけよう」であります。また、その活動の中核的価値観は、次の5つであります。

  • 親睦 例会に出席して仲間との交流を楽しもう。
  • 高潔性 常に自分を振り返り、道に外れてないか考察しよう。
  • 多様性 それぞれの立場を理解し、考え方を尊重しよう。
  • 奉仕 隣人のためになること、社会のためになることをしよう。
  • リーダーシップ 傍観者でなく、率先して参画、行動しよう。

さて、RI会長のテーマ、地区ガバナーのスローガンを受けて、2022-2023年度の当クラブのテーマを、「明日の世界を想像し、ロータリー活動を楽しもう」 といたします。

長い間苦しんできたコロナ禍に終息の兆が見え始めてきました。 以前のように、活発なロータリー活動が行えることを想像し、出来ることから一歩一歩実践しながら、奉仕活動・親睦行事をみんなで楽しみたいと思います。会員の皆様の積極的な参加をお願い致します。

◎クラブ運営方針

1) RLI方式を基本とした研修を中心に

   ロータリー活動の本質の理解と親睦を図る

2) 60周年記念事業準備委員会の発足

3) 米山奨学金・ロータリー財団寄付の推進

4) 育英奨学金制度の募集方法を再検討

5) クラブ細則の文言を見直しわかり易く再編集

6) ロータリー財団グローバル補助金にチャレンジ

◎数値目標

① 会員増強 純増1名以上

1) 会員増強   純増5名以上

2) 会員出席率  85%以上

3) マイロータリー登録率  80%以上

4) ロータリー財団寄付   150ドル以上

5) ポリオプラス寄付     30ドル以上

6) 米山奨学金寄付     16,000円以上

>RI会長メッセージはこちら
>RID2840ガバナーメッセージはこちら